Menu

共用レンタルサーバー FutureWeb3

よくあるご質問

Q11.

gTLDドメイン移管(Transfer-in)の流れとは?

A11.

gTLDドメイン( com / net / org / biz / info )


◆移管申請までの事前準備

現在のドメイン管理業者様まで、下記の3点をご依頼ください。

  1. ドメインの「AuthCode」(オースコード)発行
  2. ドメインロックの解除
  3. WHOISプロテクトの解除

 

発行された AuthCode は、必ず弊社までお知らせください。
(AuthCodeは、現在ご契約のドメイン管理画面から確認いただける場合がございます。詳細は現在のドメイン管理業者様までお問い合わせください。)

ドメインロックを解除いただけませんと、弊社からドメイン移管申請を行う事ができません。

 

  • ご利用ドメインに設定されている「WHOIS情報公開代行」等のWHOISプロテクトは、必ず事前に解除をお願いいたします。
    (WHOISプロテクトの有無については 現在のドメイン管理業者様へご確認ください。)
  • ドメインの登録情報(Registrant、Admin)は、 実在する正確な情報である必要があります。ドメインのWHOIS情報をご確認いただき、ドメインの組織名、担当者名、住所、電話番号、FAX番号が不正確な情報となっている場合は、正しい情報を弊社までお知らせください。
  • ドメイン移管申請後、ドメイン登録者メールアドレス(Registrant Email)宛に、移管先のレジストラである IP Mirror から、ドメイン移管の承認依頼メールが届きます。あらかじめ、設定されている Registrant Email が受信可能な有効メールアドレスかご確認をお願いいたします。
    http://www.ipmirror.jp/help/whois/


【ご注意】
※ レジストラによっては、Registrant Email 変更後に、一定期間、他社へのドメイン移管を制限されている業者様もございますのでご注意ください。詳細については、現在ご契約のドメイン管理業者様までご確認ください。


◆移管申請の承認手順

ドメイン移管申請後、ドメイン登録者メールアドレス(Registrant Email)宛に、「Request to transfer domain(s) to IPMirror」という件名のメールが配信されます。
メール本文中の、「If you WISH TO PROCEED WITH ALL THE TRANSFERS, please click」という箇所の直下にあるURLをクリックしていただき、ブラウザが開きましたら、該当ドメインにチェックを入れて、承認ボタンを押してください。

該当ドメインの横に (Approved) と表示されましたら、承認手続きが完了です。

  • 「キャンセル」ボタンは押さないでください。押されますと不承認となります。
  • ドメイン登録者メールアドレス(Registrant Email)宛のメールには、必ず承認をお願いいたします。承認いただきませんと、弊社管理下への ドメイン移管は完了いたしません。

 


【ご注意】
※ gTLDドメインは、以下の場合、直ちにドメイン移管申請を行う事ができませんのでご注意ください。
◇直ちにドメイン移管申請を行うことができない場合

  • 前回のドメイン移管完了後から、60日以内の場合。
  • ドメイン新規登録後から、60日以内の場合。
    ※ 上記の場合、60日の期間経過後に、ドメイン移管申請手続きが開始できるようになります。
  • 有効期限が残り10年以上ある場合。

問題は解決されましたか?
解決されていない場合はこちらからお気軽にお問合せください。

カテゴリー